喘息・アトピー・花粉症 厄介なアレルギー疾患でお悩みの方へ

スポンサーリンク
レクタングル広告

身体を鍛える

アレルギー疾患の基礎知識

私たちの体内には、もともと体にとっての異物を察知して、その侵入を防ぐという機能が備わっています。

「免疫機能」といいます。

免疫のおかげでウィルスや病原菌から守られています。

免疫の主役は、血液中の白血球ですが主に顆粒球とリンパ球に別れ、顆粒球が処理し切れなかったウィルスや花粉などの比較的小さな異物をリンパ球が処理します。

アレルギー・抗原

この異物の事を生物学的には抗原と呼びます。

そしてこの抗原を排除するためにリンパ球は抗体と呼ばれる物質を作り出し、抗体は抗原を攻撃し破壊します。

このように抗原から身体を守るために体内で起こる一連の反応を免疫反応(抗原抗体反応)といいます。

とても大切な免疫の働きですが、悪い形で表れることがあります。

アレルギー反応です。

アレルギー反応とは普通の人の身体には影響のない物質がある人の体内では抗原とみなされ、それを排除しようと身体が過剰な反応を示すことをいいます。

そしてアレルギー反応によって起こる病気をアレルギー疾患、アレルギーの原因になる物質をアレルゲンと呼びます。

スギ花粉

ここまでがアレルギー疾患の基礎知識です。

アレルギー反応はほぼ全身で起こり、反応する場所によって異なるアレルギー疾患が現れますが、根っこは同じです。

例えば、気道でアレルギー反応が起こると気管支喘息、皮膚で起きるとアトピー性皮膚炎、鼻粘膜で起きるとアレルギー性鼻炎といった具合に。

花粉症の薬・副作用

花粉症はスギ、ヒノキ、イネ、ブタクサなど、季節ごとに飛散する花粉に対してアレルギー反応を起こしてしまう病気です。

一番簡単な対処法は花粉症の薬を飲むことです。

当然、副作用があります。眠気、肝臓障害、血小板の減少(出血が止まらなくなる)、むくみ、吐き気、口が渇く、胃痛、頻尿、月経異常・・・etc、挙げたらキリがありません。

アレルギーを抑えるための薬で、逆にアレルギー反応を起こし、皮膚に湿疹が出てしまう人もいます。

最近は「アレルギー薬になるべく頼らずに症状を軽減したい」という人が増えているのは、良い傾向です。

wisestory・・その薬、本当に必要ですか?薬の副作用について

気管支喘息

すでに古代ギリシャの時代の医学書にも喘息についての記述があり、東洋最古の医学書「黄帝内経」においても言及されています。

喘息は正確には気管支喘息と言い、空気の通り道(気道)が細くなって呼吸がしにくくなる病気です。

喘息による呼吸困難は息を吸うときよりも吐くときに苦しいのが特徴で、症状が悪化するといずれの時も苦しくなります。

呼吸が充分に出来ないため血液中の酸素が不足し、失神したり最悪の場合は死亡することもあります。

アトピー性皮膚炎

湿疹によく似た皮膚炎で、アトピー体質という特異な体質によって起こります。

アトピー体質の人は、汗、汚れ、ほこり、衣類のチクチクした刺激、温熱などどのような刺激でも湿疹ができてしまいます。

アトピー体質には遺伝が深くかかわっていて、家族内に同じ病気が生じやすいという特徴があります。

乳児の約20パーセントが発症しますが、大半は思春期前後には治ります。

花粉症(アレルギー性鼻炎)

ハウスダスト、ほこり、花粉、カビなどのアレルギー物質によって起こる鼻炎のことです。

その中でも花粉がアレルゲンとなって起こされるアレルギー性鼻炎を花粉症といいます。

欧米では古くから知られていた症状で「枯草熱」とも呼ばれていましたが、食生活などの欧米化によって日本でも30年ほど前から広がりはじめ、いまや5人に1人が罹るほどの病気になってしまいました。

今日から取り組む生活習慣の知恵

自律神経を整える

先にも触れましたが、免疫の主役は白血球です。

そして白血球の数や種類、働きなどを調整するのは自律神経の働きによります。

自律神経とは私たちが意識しないでも内臓や血管などの働きを調整してくれる神経のことです。

この自律神経に交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経は心臓の拍動を高めたり、血圧を上昇させたりといった興奮時や昼の活動時に優位になる神経です。

一方の副交感神経は夜や休息時に優位となります。

血管を拡張してスムーズな血流を促し、心身をリラックスさせてくれます。

ストレスが溜まったり緊張状態が続くと交感神経が過度に働きます。

その結果白血球のひとつ顆粒球が不必要なほど血液中に増え、体内の有益な細胞まで破壊してしまいます。

全身の免疫力をアップさせるには副交感神経の優位を保つ必要がありますが、しかし過剰なまでに優位になると白血球のうちのリンパ球が血液に過剰に分泌されて免疫過剰になり、アトピーやぜんそくや花粉症などのアレルギー疾患を招いてしまうおそれがあります。

大切なのはいつもバランスです。それが身体の免疫力を高め、アレルギー疾患を起こりにくくします。

お風呂の入り方も気にしてみてください。

なぜなら低体温はアレルギー症状の悪化を招いてしまうからです。

少しぬるめのお湯に長めにつかる事で血流がよくなります。

それからゆっくり食事を摂る事も大切です。それ自体が副交感神経を適度に優位にするからです。

日ごろから深呼吸を習慣にしてみてください。

しかし、街中で深呼吸はむしろ逆効果。気持ちのいい場所だな、という気持ちと深呼吸がワンセットの習慣になるといいですね。

森林浴

腸の働きを改善する

腸は「第二の脳」といわれるほど多くの神経細胞と免疫機能を持っています。

腸の機能を高める事はアレルギー症状を改善する事に大きく関わっています。

現代人の食生活の特徴はたんぱく質、とくに加工食品にふくまれる粗悪なたんぱく質の過剰摂取の懸念があります。

これら過剰に取り込まれたたんぱく質は消化されないまま「異種たんぱく質」として大腸に送られ、悪玉菌のえさになります。

悪玉菌が異種たんぱく質を分解すると毒性を持ったガスが作られ大腸の粘膜を傷つけてしまいます。

その結果免疫系のバランスが崩れアレルギー疾患などの不調が表れます。

まず考えたいのはバランスの取れた食事。

アレルギー症状を予防する食品

一番大切なのはいろいろな食品をバランスよく摂る事。

私たちはやじろべえのようにバランスを学ぶ必要があります。

「この食品だけ食べていればよろしい」とか、「これだけ守っておけば大丈夫」などということは、あり得ません。

「何を」、「いつ」、「どのくらい」というのは、個人差の問題でもあり画一的に決める事はできません。

個々が自身の身体と向き合い、自ら判断する賢明さを持たなければいけません。

しいたけ

まず最初のオススメはきのこ類。きのこにはβーグルカンという免疫反応を正常化してアレルギーを抑える成分が豊富に含まれています。しいたけ、しめじ、エリンギ、なめこなどを使ったきのこ料理を一日一回は摂りましょう。

海藻

海藻のぬめりはフコイダインという成分で腸内の細菌叢をきれいにして腸の免疫を高めアレルギー症状を抑えるのに効果があります。

発酵食品

発酵食品には癌や病気を防ぐのに重要な役割を果たすTh1細胞を増やす効果があります。その結果アレルギーの原因となるTh2細胞の活性が抑えられ、身体全体の免疫バランスが整えられます。

発酵食品とはぬか漬け、納豆、ヨーグルトなどをいいます。

増え続けるアレルギー疾患

いまやアレルギー疾患は国民病といっていいほどに増えています。

日本人の3人に1人は何らかのアレルギーを持っているといわれる程に。ここでご紹介した喘息、アトピー、花粉症以外にもリウマチや膠原病、乾癬なども広い意味でのアレルギー疾患である事がわかり研究が進められているようです。

長くなりましたが今回、とくに薬に頼らない方法を選んでお伝えしました。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする