その不整脈、放っておいても大丈夫?

スポンサーリンク
レクタングル広告

不整脈のタイプ

血液の循環は心臓が一定のリズム収縮と拡張を繰り返すことによって行われています。

この運動のことを「拍動」といいます。

この拍動を生み出しているのは電気刺激です。

心臓の筋肉は刺激を感じると収縮し、刺激がなくなると弛緩して拡張します。

拍動のリズムは健康な成人の場合、1分間に50~100回の範囲であれば正常ですが日中の活動時には速く、睡眠時など安静にしている時には遅くなるのが普通です。

正常な範囲を超えて拍動が異常に速くなったり、逆に遅くなったり、リズムが乱れたりする事を「不整脈」といいます。

不整脈は、その脈の乱れ方によって大きく3つのタイプに分けることが出来ます。

不整脈

タイミングがずれる「期外収縮」

心臓の拍動が早いタイミングで起こります。

心室に充分な血液がたまる前に心臓が収縮してしまうため、脈がとんだように感じます。

脈が速くなる「頻脈性不整脈」

拍動が異常に早くなるもので症状としては多くの人が動悸を感じます。

速さによって「頻拍」「粗動」「細動」に分けられますが一般に速いものほど危険です。

脈拍が遅くなる「徐脈性不整脈」

拍動のリズムがゆっくりだったり間隔があいたりして、1分間に50回未満になるものを徐脈といいます。

極端なものになるほど心臓から送り出される血液の量が少なくなってしまいます。

心配なら心電図検査

不整脈の原因はさまざまですし、あまり心配する必要がないものがほとんどです。

心臓の拍動には自律神経の働きが関係しているため、たとえばストレスや過労、睡眠不足などがあると不整脈が現れやすくなりますし、飲酒も影響します。

健康な人にもしばしば見られる現象なのです。

但し、なんらかの病気が関係している可能性も否定は出来ません。

その場合は狭心症や心筋梗塞、心臓弁膜症、心膜炎や心不全などの心臓の病気の他高血圧や糖尿病でもそのような症状が現れることがあります。

疑いだすとキリがありませんが、心配なようなら心電図検査などを受けてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする