第2の可能性 代替療法を選びたくなった人へ

スポンサーリンク
レクタングル広告

自律神経免疫療法とは

代替医療を1つご紹介したいと思います。「自律神経免疫療法」といいます。

新潟大学大学院教授で免疫学の権威である安保徹医師と、外科医の福田稔医師(福田医院院長)が共同で提唱された療法です。

自律神経を効果的に刺激し、白血球のバランスを取り戻す事を主眼としています。

自律神経免疫療法では、注射針や磁気針、レーザーなどを使って皮膚を刺激し、かすかな痛み刺激で排泄反射を起こします。

自律神経

自律神経のバランスは健康の鍵

これによって副交感神経を優位の状態に変え、交感神経に緊張を抑える効果が期待できます。

副交感神経には、痛みや苦味など身体が不快に感じる刺激や老廃物、異物など不要なものを排泄する働きがあります。

指圧やマッサージなどは、皮膚を揉んだり押したりすることで血流をよくします。

血流が促進されると副交感神経は優位になります。

また、鍼や灸はわずかな痛みや温熱が副交感神経の排泄反射を促します。

こうして副交感神経が優位になると、血流がよくなり体温も上昇するので「冷え」から開放されます。

また、排泄作用が促進されることでしっかり汗をかけるようになり、便通、尿の出もよくなります。

これらはいずれも健康な身体の基本となるものです。

 こんな疾病に効果があります

自律神経免疫療法のおおきな特徴は、定期的に血液検査をおこなって白血球の総数や顆粒球やリンパ球の割合(これを白血球の分画といいます)を調べることです。

交感神経が緊張状態にある人は、顆粒球の割合が非常に多くリンパ球が少ない状態にあります。

治療を続けてリンパ球が増えてくると自律神経のバランスが整い、健康を維持する免疫力を実感できるようになります。

同時に病が癒されていく実感も持つことでしょう。

(自律神経のバランスの乱れで起こるさまざまな病気が、自律神経免疫療法で 改善しています)

癌、リウマチ、膠原病、パーキンソン病、潰瘍性大腸炎、高血圧、糖尿病、C型肝炎、胃潰瘍、耳鳴り、めまい、難聴、白内障、偏頭痛、顔面神経マヒ、ひざ 痛、腰痛、円形脱毛症、前立腺肥大症、頻尿、不眠症、冷え症、痔、便秘、水虫・・・etc

                            日本自律神経免疫治療研究会 TEL03-5818-1580

 代替療法は玉石混交の世界

腫れ痛みは治癒反応

代替療法は玉石混交の世界。まったく取るに足らないものから、とても興味深いものまで様々です。

あまりの種類の多さから誰かに相談したくなるでしょうし、当然したほうがいいのですが、もしかしたら家族に反対されるかもしれません。

「代替」医療ですから、担当医に治療を断ることにもなります。

これはとても勇気の要ることですが、黙って始めるのも得策ではないでしょう。

相談したところで良い顔はされないかもしれませんし、悪くすれば露骨にいやな顔をされてしまい、決心が揺らぐこともありえます。

勇気を出して

医師も人間ですから、患者にそのような相談を受ければ「自分の治療を否定された」「自分のことを信用出来ないのか」と傷つくかもしれませんが、他人にどう思われるかばかりを気にして、せっかくの可能性を潰してしまうのももったいないことです。

治療を中断する決心をしたのであれば、今まで最善をつくしてくれた担当医に感謝を示しつつ、率直な自身の気持ちや事情を話して、理解してもらえる努力をしてみましょう。

案外、親身なアドバイスをもらえることもあるでしょうし、何より医師との関係を良好に保つことは後々の検査も依頼しやすく、様々な意味でメリットがあると思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする