中医学で体質を見極める、治療する

中国4千年の知恵

欧米を中心に見直されつつある中医学

中国を中心とした東アジアで行われてきた伝承医学を「中医学」といいます。

東洋医学、とも言いますね。

近年、代替医療として欧米でも広く行われるようになってきました。

明治時代、本格的に日本に西洋医学が伝わり日本人が一度見切りをつけた中医学ですが、今また見直されているわけです。

ちなみに日本の漢方医学は中医学が日本で独自の発展を遂げたもので、両者には多少の違いがあります。

日本漢方会が病名や症状で生薬を処方するのは、実は中医学本来の治療指針から言って大きな誤りです。

中医学の基本概念”弁証”

西洋医学は「病名」を「診断」しますが、中医学では治療指針を決めるのに”証”という概念を使って、患者の体質と症状を導き出します。

証のことを弁証とも言いますが、かなり複雑であるうえ流派によって様々なやり方があって大変難しいものです。

しかし、一旦中医学基礎の根幹であるそれぞれの弁証の基本症状や主症状を丸暗記してしまえば、色々な症状がどの弁証名に当てはまるかが分かるようになります。

まず、体質や病気が陰性なのか、陽性なのかを見ます。

陰性と陽性のバランスをとる事が治療の基本になるからです。

証によって陰性体質であると判断されると、陽のエネルギーを補給する食べ物や生薬が処方され、陽性体質であることが分かれば、それとは逆の事が行われます。

中医学とは

実証、虚証で治療法が決まる

次に病気の状態が実証なのか虚証なのか、ということを見ます。

実証とは気の滞った状態、血が汚れたり、滞っている状態、病原菌に感染して発熱した状態などを指します。

一方、虚証は生まれつき虚弱であったり、病気が長引いて衰弱している状態です。血も不足しています。

中医学ではこの虚実を船旅に例えて説明します。

「人生は永く、波乱に富んだ舟旅であり、体は舟だ」

舟がいくら丈夫でも波風が強ければ舟に水が入ってきてしまいます。

波風は大したことがなくても、舟そのものが弱ければ、やはり航海は困難なものになります。

「瀉法」と「補法」

前者の場合、身体は「実証」と考え、激しい波風によって侵入してくる水は「外邪気」の浸入と考えます。

そのままにしていては、舟は沈んでしまいます。

この場合の治療には「瀉法」が用いられます。

つまり邪気を除く、押し出す方法です。

対して、後者の場合、身体は「虚証」で、舟自体の欠陥は「気虚」といって、正常な生命活動を行うためのエネルギーが不足している、と考えます。

この場合は、不足したエネルギーを補う「補法」が行われるわけです。

舟自体を補強するために、材料を持ってきて穴などを埋めるイメージです。

中医学の古典「傷寒論」

風邪の場合を見てみましょう。

中医学の古典、「傷寒論」によると、寒さに傷つけられると、どういう症状が出てくるかが詳しく書かれています。

人間は、本来寒さに対して、それなりの抵抗力を持っているものです。

ところが、”汗”と”冷え”が結びつくと別です。

「汗の内攻」によって冷気が身体に侵入します。身体がだるくなり、手足が重くなったり、妙に眠たくなったりという風邪の兆候が表れます。

そのうち頻尿など泌尿器系の異常、扁桃腺の腫れ、鼻水、くしゃみなどの典型的な風邪の症状へと進みます。

パンダは友達

 風邪を治すためのポイント

風邪を治すポイントは、まずは休息。

次が「汗の内攻」によって身体に侵入した汗を出すことです。

瀉法を使います。

足湯などで体温を上げて発汗を促します。お湯の中にすり下ろした生姜や唐辛子を入れると、更に発汗作用が高くなります。

汗をかいたら冷気に当たらないようにふき取り、下着も取り替えます。

生姜湯、ねぎの味噌汁などの温かい飲み物を飲みます。電子レンジなどで過熱するのはよろしくありません。

火や遠赤外線の効果を使って温めたものを摂ると、身体を温めるパワーが増します。

しかし、よく言うようにそれほど栄養を摂る必要はありません。

食べ過ぎると治りが遅くなります。炎症を起こしている部位を、悪化させてしまう事さえあります。

野菜スープなどで水分と電解質をとり、免疫系が治癒に集中できる体内環境をつくりましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告