『10日間で5kgのダイエット作戦』は本当に成功するか?

簡単ダイエットは成功するか?

簡単に!短時間で!

『10日で5kg、無理なく痩せる!』というようなキャッチコピーをよく見かけます。

痩せたい、と思っている人の大半は、同時に「簡単に!」「短期間で!」と思っているものです。

確かに、長い間我慢をかさねてダイエットするより、最小限の労力で、パッと理想のプロポーションが手に入ったらベストですね。

10日間のダイエット作戦を、教科書通りキッチリこなせば一時的に5kgの減量も夢ではないでしょう。

しかし、そのあとすぐに反動で太りだし、前よりかえって体重オーバーに・・・というのもよく耳にしませんか?

ダイエット成功の鍵はゆっくり体重を減らしていくこと

必死の思いで落とした体重が、あっけなく元に戻ってしまうのはなぜでしょうか?

ネズミを使ったリバウンド実験の報告があります。

ダイエット初回のネズミの場合だと、減量達成に21日、元の体重に戻るまでに46日かかりました。

それが2回目になると、同じ減量目標に到達するのに倍の42日もかかり、その後なんと14日目には元の体重に戻ってしまいました。

これは、ネズミに限らず人間も同じで、生体には本来、体脂肪を一定量に維持しようとする調整機能が備わっています。

60kgの人がダイエットして55kgまで体重を落とすと、身体は元の60kgに戻ろうとして、少しずつ調整機能が働くのです。

ダイエットの成功or失敗は、このリバウンドの時期をどれだけ長く引き延ばせるか、という事にかかっています。

つまり、短期間で急激に体重を落とした場合には、身体のほうも急いで元の体重に戻そうと反応するわけです。
ダイエット成功の鍵は、時間をかけて、なるべくゆっくりと体重を減らして行き、リバウンドしようとする力を小さく抑えることが重要になるのです。

成果をあげる人の共通点は、行うべきことを行っているだけである。

ダイエット
まぁ、そうは言っても、人がダイエットを決意するのは、何かに急かされて始める事がほとんどなのですが・・。

問題は短期間で何kg減ったかではなく、長期的に減った体重を維持できるか、ではないでしょうか。

◎成果をあげる人とあげない人の差は、才能ではない。
いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。

◎成果をあげる人の共通点は、行うべきことを行っているだけである。

ピーター・ドラッカー(経営学者)

人はどんな高いところでも登ることができる。
しかし、それには決意と自信がなけばならぬ。

アンデルセン(作家)

最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、
たちまちのうちに全てを放棄することになります。

ダライ・ラマ(宗教家)

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告