糖尿病検査で重要なのはヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値

糖尿病の診断基準(2012年4月改定)

検査で糖尿病と診断される基準は

    • 空腹時の血糖が126(mg/dl)以上である

    • 75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖値が200以上である

    • 随時血糖が200以上である

    • ヘモグロビンA1c(HbA1c)の値が6.5%以上である(2012年変更点)

糖尿病検査でもっとも重要視される数値とは

このうち、特に注意を払いたいのが(HbA1c)の数値です。

米糖尿病学会、国際糖尿病連合、欧州糖尿病学会でつくる専門委員会は、糖尿病の診断基準として「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」値を推奨すると発表、日本糖尿病学界も国際基準に準じました。

世間でよく言われる血糖値は採血前の食事の影響を強く受けますが、(HbA1c)の数値は採血された時点から遡って、約1カ月間の糖尿病の状態がわかります。検査のために絶食する必要もなく、患者側にとっても大変ありがたいテストです。

そして、その値をどのように評価するかというと

[ヘモグロビンA1c(HbA1c)の指標]

 指標  優  良  不十分  不良  不可
 HbA1c 値
(%)
 6.2未満  6.2 ~ 6.9未満  6.9 ~ 7.4未満  7.4 ~ 8.4未満  8.4以上

6.5以上は糖尿病が強く疑われます。一番注意が必要なのは不可(8.4以上)が続く人の場合で、自覚症状がなくても長期に不可が続くと確実に合併症が発症してきます。

気持ちを入れ替えてまずは合併症の心配がないと思われるレベル、6.5未満を目指してみましょう。

数値が6.5以下の人も念のために糖負荷テストを受けてみることをおすすめします。自分の身体の状態をしっかり把握することは健康を取り戻す、或いは維持するための第一歩だからです。

日々の生活習慣や食習慣を見直してください。

和食中心の食生活で病を未然に防ぐ
スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告