ips細胞と癌は紙一重 ・ 今後の課題とは

医療

再生医療に欠かせないips細胞

再生医療を実現するために欠かせない役割を担うips細胞。

皮膚や血液などの細胞に、ある特定の遺伝子を入れて作ります。

心臓や肝臓などの細胞に分化する前の状態である”幹細胞”と同じような能力を備えていることから、病気や怪我で失った組織や臓器をips細胞から作成して移植するという、革新的な医療技術として注目されています。

受精卵から作り出す(つまり1つの生命を犠牲にする)ES細胞などと違って倫理上の問題が少ないうえ、一定条件で培養すれば無限に増やすことが出来るため、様々な難病の仕組みの解明や創薬研究など、幅広い分野への応用も期待されています。

ips細胞の問題点

しかし、まったく手放しで期待できる技術でもないようです。

それは、割合早い段階から指摘されていることですが、ips細胞の「癌化」の問題です。

これについてはips細胞の開発者である、山中伸弥・京都大学教授自身がNHKスペシャルなどで

「再生能力というのは、癌になるのと紙一重だと思うんです」

「ips細胞と癌は、表裏に見えるほど似ている」

などと語っています。

研究器材

癌細胞発生のリスク

実験室でips細胞を作るとき、かなりの頻度で癌細胞が発生してしまいます。

ips細胞で作った組織は無限に増殖が止まらなくなり、癌化する問題を抱えていて、実際マウスを使った実験では体組織に育つまでの過程で癌になるケースが多数見つかりました。

「ips細胞を作る過程と癌が起こるプロセスは良く似ていて、本当に紙一重だと強く感じる。ips細胞と癌細胞は両極端と思われやすい。でも、実際は同じものの表と裏を見ているんじゃないか、そう思えるくらいです。」

と、山中教授は指摘しています。

また、再生医療の根幹である、細胞の再生能力についての指摘も大変興味深く、人間は進化の過程で癌などに罹ることなく、より確実に子孫を残していくために、再生能力を犠牲にした、と推測しています。

ips細胞と癌細胞の意外な共通点

人間にも皮膚や、ちいさな血管を再生するくらいの能力はありますから、少しくらいの傷であればすぐに元通りになりますが、高い再生能力を持つ生物は、足や手を失っても、しばらくするとそれは自然に生えてきて再生されます。

でも、同時にそれらの生物は、癌が出来やすいのではないか?手足がなくても何とか生きていけるけど、癌になったら生きていくことが困難になる。

次の世代を繋いでいく為に、高い再生能力を犠牲にしたのではないか?

ips細胞と癌細胞の意外な共通点、「その成り立ちや、基本的構造が紙一重」という山中教授の指摘は、再生医療ばかりか癌治療にとっても重要な指摘では内でしょうか。

b5a5694c1252119d4c58696c1bc21ea1_s

 人への応用の鍵は

ips細胞作成には山中因子といわれる4つの遺伝子を導入しますが、副産物として癌細胞が生まれてしまう。

導入する遺伝子の数を変えてみたら、癌細胞の発生は減ったけれども、ips細胞の作成効率自体はガクンと落ちてしまった。

ips細胞の人への応用は”癌細胞対策”が上手くいくかにかかっています。

最近では、遺伝子導入なしで化学物質だけでips細胞をつくる試みもあるようですが、まだ、試行錯誤の状態です。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告