紹介状なしで大病院を受診すると高額な特別料金を請求される事も

スポンサーリンク
レクタングル広告

紹介状を持たずに受診すると

近代医学の進歩と共に、私たちは自分自身の健康に無責任になっていないでしょうか?

ちょっとした風邪でもすぐに大きな病院へ行って診察、薬を処方してもらわないと安心できない、という人も多いのでは?

尤も、「二度手間にならないために、設備の整った病院で診てもらいたい」などの声が聞こえてきそうですが。

医療機器2

厚生労働省は大病院の混雑緩和を目的として、紹介状を持たずに大病院を受診した患者に新たな負担金を求める制度を導入する方針を固めました。

例えば、現在は初診料にあたる2820円や再診時には再診料として720円かかっていますが、患者の負担は1~3割です。

その現行制度を改正して全額負担に引き上げる案を検討しています。

もうひとつの案として診療を受けて患者が負担する通常の費用に加えて定額の負担を求める案も検討されています。

フリーアクセス制度

日本では受診する医療機関を患者が自由に選べます。

これをフリーアクセス制度といいますが、これによって自宅近くの開業医で充分間に合うような軽症の患者が、いきなり大きな病院にかかることで、そこに勤務する医師や看護士達の過重労働つながる、という指摘があります。

これらを改善し、医師が大病院の本来の使命である重篤な患者の治療に専念する狙いがあります。

もともと、大学病院など入院用のベッド数が200床以上ある大病院を医師の紹介状なしではじめて受診すると通常の医療費のほかに選定療養費という特別料金を徴収されてしまいます。

この料金は当然、全額自己負担になりますが、金額は病院によって差があります。

厚生労働省の調べでは最低で105円、最高で8400円にもなります。

平均では1998円になり、今後このような傾向は強まっていくと思われます。

厚生労働省の狙いは

初診で大病院へ行くより、街の診療所に行ったほうが医療費が安く済む仕組みを作って、患者をそちらに誘導する狙いです。

「在宅医療」や「地域包括ケア」を目指す厚労省にとってフリーアクセス制度は大きな障害ですが、これをやめさせるとなると、こちらもかなり大きな政治問題になります。

妥協案のような形で出てきた今回の診療報酬改定。はたして上手く機能するのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする