味噌汁に旬の野菜を組み合わせて

味噌汁

注目の発酵食品

食材を酵素や微生物などの働きによって発酵させたものを発酵食品といいます。

納豆や味噌、醤油は日本が世界に誇る大豆の発酵食品ですし、ヨーグルトは牛乳を、キムチは白菜や大根を発酵させたものです。

世界中には様々な種類の発酵食品がありますが、近年、特に健康食として人気が高まっています。

腸まで届かなければ意味がない

例えばヨーグルトやキムチに含まれる乳酸菌には、腸内環境を整えるビフィズス菌などの善玉菌を活性化する働きが知られていますが、腸まで届くためには胃や十二指腸を通らなければいけないため、ほとんどの乳酸菌は胃酸や胆汁によって死滅してしまいます。

ポイントは腸まで届くかどうか、なのです。

一般的に動物性の乳酸菌より植物性の乳酸菌のほうが、胃酸などに耐えて腸にたどり着く能力が高いといわれています。

ぬか漬けに含まれる乳酸菌は、特にその働きが強いことが分かっています。

味噌汁

味噌汁は薄めで旬の野菜を

また、大豆の発酵食品に含まれるジピコリン酸という成分には、癌細胞の破壊を促すアポトーシス(固体をよりよい状態に保つための働き・プログラムされた細胞死)を起こすといわれています。

ただ、漬物や味噌には塩分が多く含まれるので、味噌汁を作る時もあまり濃くせず、旬の野菜などと組み合わせる事でバリエーションも豊かになり更に健康的なものになります。

一日に一回は味噌汁やぬか漬けなどの和食中心の食事を楽しみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告