睡眠と肥満の意外な関係 睡眠時間が短い人ほど肥満率がUP

睡眠時間は7~8時間がベスト

肥満と睡眠に意外な関係があることを知っていましたか?

太りにくい身体を手に入れるためには、毎日7~8時間の睡眠をとることが大切です。

海外の研究結果によると「1日に7~8時間の睡眠をとっている」と答えた人たちの肥満の割合が最も低く、睡眠時間が短くなるほど肥満の割合は上がっていきます。

睡眠と肥満の因果関係

睡眠時間が5時間という人の50%が肥満もしくは肥満気味、4時間以下の睡眠時間では、実に73%も肥満率がUPします。

これは、海外の研究データですが、日本人の健康診断のデータ解析からも、やはり睡眠5時間未満のグループと5時間以上のグループでは5時間未満の肥満率が高いことが分かっています。

その理由とは?

理由はいくつか考えられます。

まず、1つは睡眠不足でホルモンのバランスが乱れる事。すると脳や筋肉の疲労が充分回復せず、翌日の代謝が上がらず、エネルギーが上手く消費されません。

もう1つは睡眠中というのは、糖によってエネルギーを得る脳や筋肉が休息して、脂肪をエネルギー源とする内臓と呼吸筋が活動しています。

つまり、睡眠時間が長いほうがより効率的に脂肪を消費できる、というわけです。

さらに睡眠不足がもたらす影響として明らかになってきたのは、高密度の炭水化物と糖をやたらに欲しがるようになる、ということです。

ボランティアの被験者を夜、4時間しか眠らせないようにして、ブドウ糖負荷試験をすると糖尿病予備軍のような反応を示し、食事の量も増えました。

つまり睡眠が足りない、というだけでインスリン抵抗性が生じたのです。

不眠症対策

質の良い眠りを

寝ている間は当然食事しませんから、身体はプチ断食状態。一石二鳥ですね。

こうした効果を得るためにも是非、質の良い睡眠をとる必要があります。

  • 体操やストレッチなど、適度に運動する
  • 温めのお湯に浸かり、半身浴でしっかり温まる
  • 夕食に刺激物は避け、少なくとも就寝3時間前には食事を終わらせる
  • 朝起きたら、日光をたっぷりと浴びる

睡眠導入剤やアルコールに頼らない不眠症対策

質の良い睡眠の習慣が出来ると、交感神経と副交感神経を司る自律神経が活発に働くようになり、ホルモンバランスも整い、心身ともに健康になります。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告