大切な歯を歯周病で失わないために

歯磨き

私たちが歯を失う原因

歯周病は生活習慣病の代表であり、人類の歴史上もっとも患者数の多い感染症です。

そして、私たちが歯を失う原因の半分以上はこの歯周病が原因です。

程度の差はありますが割合多くの人が罹っていて、年齢と共に罹患率が上がり、高齢者の半分以上の人が歯周病です。

歯周病は歯や歯茎の病気だと思われがちですが、実体は歯の周囲の組織である「歯周組織」の慢性的な炎症が原因で、骨を壊す役割を持つ破骨細胞の異常な活性化によって歯を支えている歯槽骨という骨が溶けてしまう病気です。

歯周病の原因

最終的に歯槽骨という”支え”を失った歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因は「歯垢」です。プラークともデンタルプラークともいわれますが、要するに細菌(口腔常在菌)とその産生物、代謝物の塊です。

歯垢が溜まって歯茎(歯肉)に炎症を起こすと歯肉炎になり、それが更に悪化して歯と歯槽骨の間にある歯周組織にまで炎症が拡がった状態を歯周炎といいます。

口の中の清潔度によって変化しますが、この歯垢の中にはおよそ300種類の細菌がいます。

これらの細菌は自らの周りをバイオフィルムといわれる物質で覆っています。あの歯に付く不快なヌルヌル・ネバネバのことです。

招待は細菌が作り出すグリコカリックスという多糖類ですが、細菌にとって心地よい隠れ家であるばかりかバイオフィルムの中の細菌は抗生物質などに対して何百倍もの抵抗性を示します。

歯を大切に

歯周病予防

バイオフィルムの除去は歯周病予防の要になります。歯石になってしまったら、もはや自分で対処するのは無理です。歯石は歯周病菌の格好の棲家です。

最初に述べたように、歯周病とは細菌による歯周組織の感染症です。

感染症ですから人から人へ伝染します。

特に気をつけたいのは親から子への感染です。食べ物の口移し、食べかけの食べ物を与える、など愛情表現のつもりでも将来にわたって子供の歯の健康に重大な影響を与えてしまいます。

こういうと、今すぐにでも歯磨きをしたくなる人もいると思いますが、一般に虫歯が多い人ほど熱心に歯磨きをしていたりするものです。

歯を磨く時のコツ

もちろん、歯を磨くこと自体は悪いことではないのですが、市販の歯磨き粉の多くに含まれる合成の界面活性剤や研磨剤のことを頭に入れておく必要があります。

合成界面活性剤の悪影響は周知のことですが、研磨剤によってエナメル質を削られた歯は象牙質がむき出しになり、知覚過敏の原因にもなりますし、歯や歯茎にとってあまり良い状態とは言えません。

では、どうするか?

歯磨きには自然塩と重曹を使うことをオススメします。

塩がはぐきを引き締め、重曹は歯のホワイトニング効果の他、口臭対策にもなります。

更に歯ブラシは毛の硬めのもので軽く磨くようにしましょう。歯茎は指でマッサージしてあげれば完璧です。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告