免疫力を強化する

免疫の働きは誰しも持ち合わせていますが、問題なのはその強弱です。

それによって、感染症や癌などの病気に対する抵抗力が決まって来るからです。免疫の本体は血液です。血液中の白血球が免疫の主役とも言うべき役割を果たしています。

免疫細胞の主役・リンパ球ー記憶を持つ防衛システム

白血球のうち、顆粒球60%、リンパ球35%、マクロファージ5%が密接に連携しながら免疫監視機構という生体防御システムを作っているのです。

例えば癌は、ある細胞の遺伝子が何かのきっかけで突然変異をおこしたものですが、その突然変異が何回か重なることで発癌します。

免疫療法2

癌細胞は誰もが持っています。しかし、たとえ癌細胞が出来たとしても、癌組織へ進行しなければ、癌が発病することはありませんし、突然変異の起きた細胞がすべて大きな癌組織へと成長していくとは限らないのです。

何より、免疫監視機構を有効に働かせることが重要です。自分の身体に元々備わっている素晴らしいシステムを上手に利用しましょう。そして傷ついた遺伝子を修復する遺伝子群の働きも忘れてはなりません。この遺伝子群が癌細胞を元に戻したり、自殺に追い込むことで1日に3000~5000個も人体に発生する癌細胞を抑え込んでいるのです。

つまり、癌などの重大な病気の予防には、何より免疫力を高めておくことが大切で効果も大きいのです。

免疫のカギを握る自律神経

先述した様に免疫の中心的役割を担うのは主に血液中の白血球ですが、白血球の数、働きは自律神経の影響を大きく受けています。自律神経とは人間の意志に関係なく生命を維持するために自律的に働く神経のことで、呼吸や血液循環、消化・吸収など生命活動の根幹をなす内臓の働きを調整しています。

更に、自律神経は交感神経と副交感神経から成り立ち、心や体がリラックスしているときには副交感神経が優位に、仕事中や興奮状態の時には交感神経が優位に立ちます。

このような、自律神経がどちらかに大きく偏った状態は身体にとって好ましい状態とは言えません。例えば交感神経が優位になると血管が収縮して血行が悪くなり、循環器系の病気を発症しやすくなったり、消化器系の働きも鈍るため腸に老廃物が溜まりやすくなります。

逆に副交感神経が優位になり過ぎると、アレルギー疾患や低血圧症を発症しやすくなったり、精神的に憂鬱感が出やすくなるようです。

ここでも重要なのはバランスです。一方に偏らないことこそ免疫力を高め、病気を寄せ付けない理想的な状態なのです。

バランス

腸内の善玉菌を増やす

免疫力を高めるには、腸の活性化がとても重要です。腸内細菌と免疫系の間には密接な関わりがあるのです。

理想的な腸内細菌のバランス 善玉菌を増やして悪玉菌を減らす

食物は小腸で消化・吸収されますが、食品加工の過程で変性した粗悪なたんぱく質や、過剰なたんぱく質は、消化されないまま異種たんぱく質として大腸に送られ悪玉菌の餌になります。悪玉菌が異種たんぱく質を分解する時、毒性を持つ有害ガスが生成され、大腸の粘膜が傷つけられてしまいます。これは免疫系にとって大ダメージです。

免疫系の約7割が大腸粘膜に集中しているのは、人間にとって粘膜は外界の異物が侵入しやすい場所だからです。癌が出来る場所もほとんどが粘膜です。弱い粘膜だからこそ免疫は常に守りを固めているのですから。

免疫力を高める抗酸化食品

免疫力を高める食品とはどのようなものを指すのでしょうか。言い換えると免疫細胞が働きやすい環境とはどんな状態を言うのでしょうか。

一言で言えば体内に活性酸素が少ない状態です。活性酸素が多いと免疫細胞が働きにくくなり、風邪などの感染症を悪化させるばかりか、癌、動脈硬化、心臓病、高血圧などあらゆる病気の引き金になります。

この活性酸素に対抗するのが抗酸化物質です。抗酸化物質が充分に体内に補充されると、活性酸素が減少し、免疫細胞が活性化してきます。

ビタミン群

代表的な抗酸化物質として知られているのは、緑黄色野菜や果物に多く含まれるビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、β-カロチンや、赤ワインやココア、お茶などに多いポリフェノールなどがあります。

他にも、キノコに含まれるβ-グルカンは免疫力アップにとても効果的。免疫アップを目指すひとが1日に1回は摂りたい食品です。

口呼吸を鼻呼吸に変えるだけで免疫力アップ

現代人は口呼吸する人が増えています。口は呼吸をするために都合よくは出来ていません。口呼吸する人は、空気中のチリや埃のみならず、ばい菌やウィルスをそのまま吸い込んでしまい、扁桃腺を直撃します。扁桃腺が細菌などに感染すると、菌を消化できず抱え込んだままの白血球が作り出されます。

こんな状態では細菌やウィルスを消化するという白血球の大切な仕事を全うできるはずがありません。それどころか、菌を抱え込んだまま体内を巡り、あちこちの組織や内臓に菌をまき散らすことになるのです。

幸い、口呼吸は自ら意識することで、たった今からでも改善することが出来ます。たとえ、今現在鼻詰まりで苦しんでいたとしても、少しづつ鼻呼吸を意識してください。

鼻は「加湿器付き高性能空気清浄機」といわれるほど優れた器官です。その浄化機能はとても優秀で、汚れた空気が入ってきても鼻毛と鼻の奥の粘膜がフィルターの役目をして空気中の埃やチリの微粒子をからめとり、喉をしっかり守ってくれます。

当然、口呼吸が原因で起きるような病気の心配も著しく減少します。

質の良い睡眠が免疫細胞をつくる

睡眠不足も免疫力低下の大きな原因のひとつです。

では、どれくらいの睡眠をとるべきでしょうか。睡眠のリズムは人それぞれですから、1日5時間眠ればスッキリ目覚める人もいれば、最低7時間くらいは必要だという人もいるでしょう。安眠

免疫力アップを心がけるなら、なるべく深夜0時から3時にかけての間は睡眠をとるようにして脳と身体を休める時間にあててください。何故なら、この時間帯は人間のリズムでいうと新陳代謝が活発になって成長ホルモンが分泌され、傷ついた細胞の修復を行っている時間なのです。

当然、新しい免疫細胞もこの時間帯に作られることを考えると、睡眠の重要性が分かるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル広告
レクタングル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告